| 

司法試験(1)

司法試験は法務省が実施しており、合格すると司法修習期間を経て、検察官や弁護士、裁判官といった司法を司る法曹資格を取得することができる試験です。司法試験は法曹人口を増やし、資格の専門化を図るべく2006年から新制度が導入され受験資格や試験内容、方式などが変更となりました。

旧制度においては法科大学院課程修了が受験資格となっていましたが、新司法試験制度においては、法科大学院を修了していなくても、予備試験を受験してクリアすれば受験資格を得ることができるようになったので、より受験しやすくなったと言えます。

予備試験は、短答式と論述式、口述式試験からなり、試験科目については、短答式が憲法と行政法、民法や商法、民事訴訟法に刑法に刑事訴訟法と一般教育科目の8科目であり、論述式は憲法や行政法、民法に商法、民事訴訟法や刑法、刑事訴訟法、一般教育科目、法律実務基礎科目の9科目であり、口述式は法律実務基礎科目となっています。

新司法試験は短答式と論述式からなり、従来の口述式試験は廃止となりました。短答式試験はマークシート式で、憲法及び行政法の公法系科目と、民法、商法、民事訴訟法の民法系科目、刑事及び刑事訴訟法の刑法系科目の3科目が出題範囲となっています。

更に、公法系科目は全40問で試験時間は150分で100点満点、民法系科目は全75問で試験時間は150分で150点満点、刑法系科目は全40問から50問で試験時間は150分で100点満点の配分になっています。合格の基準としては、各科目40パーセント以上の得点が必要で、総得点の6から7割以上の得点がないと合格できません。






商業地の一角などでも保険についてカウンターで相談に乗ってくれる保険の店舗が目立つようになってきたようです。多くの乗り合い保険代理店が様々な保険ショップのブランドを展開しています。保険や医療入院保険を組み合わせるのは苦労することです。これらの保険のショップ。保険ショップで保険相談をやって貰えます。-

次を読む≫